みんなが選ぶと森が元気に!知って→選ぼう「FSCマーク」

FSC応援ブログ一覧

2016年4月20日

  • FSCの森・木を活かす人
  • 東京都檜原村「東京チェンソーズ」
  • 若い世代が森を支える「新しい林業」とは?   当サイトでもたびたびご紹介している東京都西多摩郡檜原村。 そこに今回ご紹介する「東京チェンソーズ」の本社があります。   古民家を活用した社屋は縁側付きで、どこか懐かしい感じ。 奥も手前にも深い森が広がっています。代表取締役の青木亮輔さんを訪ねました。   檜原村にある「東京チェンソーズ」の事務所。丸太の看板が目印です。   「東京の林業」に若者が帰ってきた!   東京都森林組合で働いていたメンバー…
  • 続きを読む

2016年4月12日

  • FSCの森・木を活かす人
  • FSCをもっと知りたい、もっと知らせたい!
  • 大学生5人が3月に三菱製紙販売を訪問   昨年12月に開催された「エコプロダクツ展」で「企業の環境保全活動」に興味を持ったという大学生5人が、日本の紙流通業界でいち早くFSC森林認証紙の取り扱いを開始した三菱製紙販売を訪問しました。まずはFSCに関する同社の取り組みが紹介され、その後、様々なテーマについて意見交換が行われました。その様子をレポートします。   千葉商科大学、東京都市大学、恵泉女学園大学などから5名が訪問。 ちょっぴり緊張の面持ちです。   ●業界のパイオニアとして 「森を…
  • 続きを読む

2016年3月23日

  • FSCマーク海外レポート
  • メキシコ編 FSCグローバルレポート
  • 元FSC本部所在国ながら、エコ意識は発展途上   産地直送で生の情報をお届けしている「FSC グローバルレポート」。今回はFSC本部が最初に置かれた街「オアハカ」のある国、メキシコからのレポートです。     今回ご登場の棟田祐子さんがお住まいの、グアナファト州イラプアト市は、オアハカからメキシコシティを経て西北に800km。多くの自動車メーカー及び自動車部品メーカーが多数進出し、マツダの国際拠点にもなっています。日系企業の進出が著しく、まさに建設ラッシュ。祐子さんのご主人も、そのために赴任…
  • 続きを読む

2016年2月17日

  • FSCマークイベント
  • 【エコプロダクツ2015レポート 】年々盛り上がるエコプロダクツ。 FSC関連の展示もいっぱい!
  •   毎年、年末の恒例行事となったエコプロダクツ。2015年も12月10日(木)~12日(土)の3日間、東京ビッグサイトにて開催されました。FSC関連のブースを中心に会場の様子をご紹介いたします。   今年は、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でおなじみのタイムマシーンカー「デロリアン」(写真)の展示が話題に。昨年以上に、さまざまなイベントが開催され、また体験できる展示会になっていました。       ■FSC関連のブースを回る「FSCラベルラリ…
  • 続きを読む

2015年12月26日

  • FSCマーク海外レポート
  • タイ編 FSCグローバルレポート
  •   経済の発展とともにエコ意識も急成長    FSCマーク海外レポート、初のアジアの国からのレポートは経済発展著しいタイから。旦那様のお仕事の関係で、首都バンコクに移り住んで1年半という平井千智(ちさと)さんからのレポートです。インターナショナルスクールに通う4歳の娘さんとの3人家族。バンコクでの暮らし、現地の人々のエコロジーについての考え方などをレポートしていただきました。   ● スーパーでは量り売りが当たり前。エコへの意識はま…
  • 続きを読む

2015年11月16日

  • FSCマークイベント
  • FSCの普及啓発キャンペーン「FSCフォレストウィーク2015」
  • 20を超える企業・組織が参加し、盛り上げました!   2015年9月11日から9月28日まで、国際的な森林認証制度「FSC」の普及啓発キャンペーン「FSCフォレストウィーク2015」が開催されました。「FSC応援プロジェクト」としても12日のFSC認定林へのエコツアーを開催し、参加していただいた皆さんに森の楽しさ、大切さを感じていただきました。今回のレポートでは、協賛として参加した、11日のオープニング、28日のクロージングの両イベントの様子をお届けします。   -…
  • 続きを読む

2015年10月28日

  • FSCマーク海外レポート
  • ドイツ編 FSCグローバルレポート
  •   素朴で質実剛健。幼い頃から自然と触れ合う教育    ヨーロッパの中でも屈指の環境先進国ともいわれるドイツはFSC国際本部がある国。今回のグローバルレポートはそのドイツの首都ベルリンにお住まいの金田史子さんからのレポートです。現在建築士の旦那さんと1歳になるお子さんの3人暮らし。Verschenken(贈り物をする、タダであげるの意)というモノを大切にする文化に触れてきた金田さん。エコ・リサイクルが当たり前のように行われている生活の中で見つけた、環境に優しいドイツならではの暮らし方やFSC…
  • 続きを読む

2015年10月20日

  • FSCマークイベント
  • FSCフォレストウィークイベント「FSCの森エコツアーin檜原村」
  • FSCの森で学びながら、おいしく楽しい☆エコツアー   9月12日(土)、FSCフォレストウィークイベントとして『FSCの森を「知る・見る・食べる」エコツアー』を開催しました。応募者多数の中から抽選で当選したラッキーな参加者の皆さんは総勢14名。FSCの森を散策したり、観察したり、それぞれの楽しみ方で満喫しました!   --------------------------   当日早朝の地震で電車が大幅に遅れ、スタートはやや…
  • 続きを読む

2015年10月15日

  • 産地便り FSC森林認証の森
  • 明治期から始まった、今につながる「育てる林業」
  •   兵庫県朝来市「FSCの森」    兵庫県北部に位置し、「天空の城」竹田城跡でも知られる朝来市。そこに日本土地山林が保有する「FSCの森」があります。   FSC認証取得以前から、「木を活用しながら森を守る林業」を実践しています。   「現在、1,902ヘクタールの社有林でFSC認証を取得しています。2009年認証なので、6年めですね。でも、もともとは明治時代に荒廃した土地に植林をすることから始まって、永く未来に…
  • 続きを読む

2015年9月30日

  • FSCマーク海外レポート
  • フィンランド編 FSCグローバルレポート
  •   森と共に生きる北欧ではポピュラーなマーク    ムーミンやサンタクロースの誕生国としても知られる「フィンランド」。全陸地面積の72%は、もみの木や松などの針葉樹林で覆われ、人々の生活と密接に結びついています。その密接具合は、1年間留学していたナナミさんが「森がなかったら、フィンランドの特徴とかアイデンティティーとかがなくなっちゃうと思う」と評するほど。はたして、“森を守る”FSCのマークはどのくらい浸透して、人々の生活にどのような影響を与えているのか。ナナミさんの…
  • 続きを読む
FSC応援プロジェクトをフォロー
シェア