2021.11.18

FSC認証の木から生まれた高機能繊維「セルソリューション®」を使ったものづくり

株式会社アルトスター/株式会社ワールドプロダクションパートナーズ

 
FSC認証のユーカリから生まれた機能性の高い新繊維「セルソリューション®」シリーズ。今、この繊維を使った幅広い製品が続々と誕生しています。ドイツ発祥のセルソリューション®を日本に持ち込んだアルトスターのビューエルさんと、これを使ったアパレル製品を生産・販売するワールドプロダクションパートナーズの中村さんに、この繊維の魅力や商品化の取り組みを伺いました。

お話しを伺った方

株式会社アルトスター CEO
芳子 ビューエルさん (右)
カナダでの生活や輸入専門家としての経験を活かし、2006年に株式会社アルトスターを設立。『世界一幸せな国、北欧デンマークのシンプルで豊かな暮らし』(大和書房)など著書多数。
 
株式会社ワールドプロダクションパートナーズ 原料課
中村 剛さん(左)
「UNTITLED」「INDIVI」など多彩なファッションブランドを展開するワールドグループの生産系子会社にて、生地製作や各ブランドへの素材の提案などを担当。

ドイツ発明賞を受賞した新繊維「セルソリューション®」

「季節を問わず、快適な温度に調整してくれる繊維」
「肌に触れると保湿ケアをしてくれる繊維」
…そんな夢のような繊維が、現実にあ るのをご存知でしょうか。

ドイツのOMPG社が開発した国際特許の新繊維「セルソリューション®」シリーズは、人が心地良いと感じる28~32℃の間で温度調整する機能をもちドイツ発明賞も受賞した「セルソリューション®クリマ」と、肌に触れるとビタミンEを放出して紫外線で傷んだ肌や乾燥肌の保湿ケアする機能をもつ「セルソリューション®スキンケア」の2種類の繊維を展開。

どちらも木製パルプの天然セルロースから開発され、主原料はFSC認証のユーカリの木です。また、有害物質基準であるエコテックス規格100も取得しており、乳幼児やデリケートな人も使用することができます。機能性の高さに加えて、環境にも人にも優しい繊維といえます。

セルソリューション®スキンケアの繊維
繊維を紡績して糸に

セルソリューション®クリマの布地

環境先進国ドイツでFSC認証材の使用は“当たり前”

そんなセルソリューション®の唯一の日本正規代理店となっているのは、「世界に学び、日本に新しいライフスタイルを提案することで、心の幸せ度を高めるライフスタイルカンパニー」を掲げる株式会社アルトスターです。世界各国の優れた製品や原材料の輸入・販売や、企業へのコンサルティングサービスなど、幅広い事業を展開しています。

同社がセルソリューション®に出合ったのは、今から10年以上前のこと。輸入専門家としてデンマークの医療寝具の輸入に携わるなかで取引先企業から紹介され、CEOのビューエルさんは、素材のもつ大きな可能性に注目しました。

「頻繁にヨーロッパを訪れ現地の文化に触れるなか、地球環境のためにポリエステルなどの化学繊維から脱却していこうという動きを感じていました。ですから、高機能なうえに、それが天然セルロースから生まれたと聞き、すごく面白い繊維だなと思いました」

ビューエルさんはセルソリューション®の日本での商品化を図っていくなかで、ドイツ国内のFSC認証に対する意識の高さを感じたと言います。

「ドイツは環境先進国と言われていますが、ものづくりにおいても自然環境を強く意識しており、FSC認証材の利用も進んでいます。セルソリューション®の場合、その性能を発揮するためには原料となる木材の産地や樹種が限られるため、調達の難易度が高いのですが、それでもFSC認証以外は使わない方針とのこと。人と環境にやさしいのが当たり前、という感覚を学びましたね」

製品を通じて海外の文化も紹介するビューエルさん

「着る化粧品」のコンセプトでアパレル製品にも活用

セルソリューション®シリーズのうち、「クリマ」は10年以上前から某大手で寝具を中心として製品化が進んでいましたがが、「スキンケア」は今年製品化が実現しました。

製品化に向けて動き始めたきっかけは、アルトスターのスタッフが、保湿成分を放出するというセルソリューション®スキンケアの特性に対し「身に着ける化粧品」というコンセプトを見出し、これを使ったアパレル製品を化粧品の分類で販売することを考えたことです。

「繊維を肌の上でしばらく滑らせていると、すべすべになるんです。これは化粧品になる!と。繊維にあとから保湿成分を付加したものはだんだん効果がなくなっていきますが、セルソリューション®スキンケアは繊維の中から保湿成分を放出するので、何度洗濯しても効果が持続するのが大きな特長です」(ビューエルさん)

繊維に含まれた保湿成分(ビタミンE)が皮膚にうるおいを与える

ファッションブランドの企画・生産を行うワールドプロダクションパートナーズは、そんなコンセプトに共感。アルトスターと共に商品開発に取り組み始めました。

しかし、化粧品とアパレル製品では相反する条件が必要です。化粧品として販売するなら開封密閉したパッケージでの販売が必要ですが、アパレル製品は生地に触れたり試着したりして購入するのが一般的。両方を満たす商品企画には高いハードルがあったのです。

そんななか最初に商品化が実現したのは、コロナ禍で需要が高まった「マスク」でした。試着せずに購入できるため、化粧品として販売しやすかったからです。2021年夏に「upul(ウプル)」のブランドで5色を発売。その反響に、ワールドプロダクションパートナーズの中村さんは、「購入されたお客様には『肌が潤うのが感じられる』とたいへん好評」と手応えを感じています。

セルソリューション®スキンケアを使ったマスク(展示用に開封した状態)

FSC認証材の使用をアピールし、サスティナブルな森づくりに貢献

ワールドプロダクションパートナーズでは現在、タンクトップやTシャツ、イージーパンツ、ブラウスなど、幅広いアイテムにセルソリューション®スキンケアの活用が広がっています。を使用したものです。

「サスティナブルなものづくりへの意識が高まるなか、機能性と環境配慮の両面で、社内でも非常に面白い素材だと注目されています。今後はメンズ商品の企画にもチャレンジしたいですね」(中村さん)

セルソリューション®スキンケア製品について解説する中村さん

このほか、瀧定名古屋株式会社ではセルソリューション®クリマを中綿に入れた温度調節ができるジャケットなど、アルトスターではルソリューション®スキンケアを使ったベビー肌着や、ショールなどの小物も販売しています。

セルソリューション®スキンケアを使ったショールや泡立てネット

セルソリューション® クリマを使った寝具

これまでもアルトスターでは海外の製品をライフスタイルと共に日本に紹介してきました。セルソリューション®についても、「商品だけでなく、その裏側にあるストーリーも伝えていきたい」とビューエルさん。FSC認証材が使われている点も、アピールしていくと言います。

「日本のFSC認証の認知度は、ヨーロッパに比べるとまだだいぶ低いように感じます。地球上の陸地面積の約3割を占める森は、そこで暮らす私たちにとってかけがえのない存在。商品づくりをを通じてその重要性も伝えていき、サステナブルな森づくりに少しでも貢献していきたいと思います」(ビューエルさん)

さまざまな製品展開の可能性をもつ高機能繊維セルソリューション®。人と環境にやさしい原料の部分も含めて注目され、多くの人の生活に取り入れられていくことが期待されます。

株式会社アルトスター
ワールドグループ

RELATED POST関連記事