みんなが選ぶと森が元気に!知って→選ぼう「FSCマーク」

FSC応援ブログ一覧

2017年1月27日

  • ちよこの森だより
  • 第1回 「ちよこの森だより」はじまりました!
  • 冬の森の恵み「柚子」を丸ごと楽しむ! 柚子茶や柚子塩、柚子酒etc.をつくってみませんか?   爽やかな香りで人気の高い「柚子」。柑橘類の中では比較的気温が低い山間部でも育つことから、東京都檜原村でも多く栽培され名産品となっています。冬の日本を代表する果物ですが、冬至にお風呂に入れるだけ、皮をちょっぴり料理に使うだけ、なんてもったいない!ぜひとも旬の柚子を手に入れて、実も皮も種も余さず使って風味と栄養を丸ごと楽しんではいかがでしょう。毎年、“柚子の手仕事”を楽しんでいるという檜原村在住のちよこさんに、柚子茶や柚子塩など…
  • 続きを読む

2017年1月9日

  • FSCマーク海外レポート
  • インドネシア編 FSCグローバルレポート
  • 急成長する経済とともに、エコ意識も徐々に成長   産地直送で生の情報をお届けしている「FSC グローバルレポート」。 今回はインドネシアの「ジャカルタ」からのレポートです。     今回レポートいただいた武部洋子さんは、インドネシア在住22年。大学在学中にインドネシアの大学へ1年間語学留学し、卒業後そのままジャカルタへ移住。現在はフリーランスの通訳、コーディネーター、ライターなどをされています。   長女はドイツ留学中。今は次女と二人暮らしを楽しんでいます。 &…
  • 続きを読む

2016年12月23日

  • FSCマークイベント
  • FSCの森からのステキな贈り物
  • ナチュラル素材を使った ハンドメイドのクリスマスリースはいかが?   「森の木枝や木の実、葉っぱなどを使って、ナチュラル素材のリース作りに挑戦してみませんか? 」そんなうれしいお誘いをいただき、東京都檜原村のFSCの森でリースづくりに挑戦してきました。講師は檜原村在住の田中千代子さんと高木美穂さん。自然の恵みを知り尽くしたお二人のアドバイスのもと、季節感たっぷりのステキなリースが完成しましたよ! ぜひ、今年はナチュラルムードのクリスマスを過ごしてみては? 簡単につくるコツもご紹介します。   &n…
  • 続きを読む

2016年11月10日

  • FSCマークイベント
  • FSCの普及啓発キャンペーン「FSCフォレストウィーク2016」
  • FSCの森で三菱製紙グループ社員が 森林整備を体験   2016年9月1日から9月30日まで、国際的な森林認証制度「FSC」の普及啓発キャンペーン「FSCフォレストウィーク2016」が開催されました。「FSC応援プロジェクト」でも、9月22日に檜原村のFSC認証林にて、田中林業の協力のもと、エコシステムアカデミー(三菱製紙株式会社・三菱製紙販売株式会社)メンバーによる森林整備体験会を中心としたイベントを実施しました。   ●雨で残念ながら森林整備はできず、 カマやヘルメットなど整備品をピカピカに &n…
  • 続きを読む

2016年9月30日

  • 発見!FSCマーク
  • みんなが見つけた『FSCマーク』★ Vol.05
  • TSUMIKI
  • Facebookページ「FSC応援PROJECT」では、サポーターのみなさんやスタッフが見つけた「FSCマーク目撃情報」が投稿されています。 この中から最近の目撃情報をご紹介いたします!   ●コーヒーショップのテーブルと椅子が… タリーズコーヒーの椅子やテーブルに!(藤崎公太郎さんが発見!) ソラマチにあるタリーズは、机も椅子もほとんど(全部?)FSC認証材みたいです。店舗全体で環境に配慮していることが伝わってきますね!   ★もしかしたら他のショップでも使われているかもしれませんね。コーヒーを飲み…
  • 続きを読む

2016年8月15日

  • FSCマーク海外レポート
  • ハワイ編 FSCグローバルレポート
  • のんびりおっとり、自然との共生を模索中   産地直送で生の情報をお届けしている「FSC グローバルレポート」。今回は米国ハワイの「オアフ島」からのレポートです。     ハーバート賜子さんは、アメリカ人のご主人と2人のお子さんとともにハワイで暮らして通算8年目。日本と比べると、ハワイのエコ意識はやや低めとのことですが、それでも少しずつ変化が現れてきたそうです。さて、そんな中でFSCマークは見つかったのでしょうか。   ビーチで家族揃って記念撮影☆  娘も息子も豊かな自然に…
  • 続きを読む

2016年7月13日

  • FSCマーク製品ものがたり
  • ワタミ「POS用感熱レジロール紙」
  • 新ミッション 〜人とともに地球とともに〜   2016年6月26日、外食チェーンを展開するワタミは、新たにCI(コーポレート アイデンティティ)を策定。ミッションとして「人とともに地球とともに」を掲げ、環境やエネルギー、食の循環に配慮した“持続可能な社会”の実現を目指すことを発表しました。今後も、廃棄物の適正管理や廃油のリサイクルなど外食事業社としての環境マネジメントに加え、風力・太陽光など再生可能エネルギーを軸とした環境事業にも精力的に取り組んでいくとのことです。   「環境活動はCSR(企業の社会的責任)の1つとして取り組…
  • 続きを読む

2016年6月15日

  • FSCマークイベント
  • 紙すきで紙好き、森好きに!
  • 「IID green!clean!」紙すき体験レポート   ゴールデンウィーク初日となった4月29日、世田谷区池尻において開催された 「IID green!clean!」(※)に、 三菱製紙エコシステムアカデミーが出展。 広葉樹・針葉樹や牛乳パックからのパルプ(紙の原料)を使って子どもたちが紙すきを体験し、手作りのはがきを作りました。   ※世田谷ものづくり学校で”緑化”や”環境”などをテーマに毎年開催されているイベント。   [caption id="attachment_2616" align=…
  • 続きを読む

2016年5月16日

  • FSCマーク海外レポート
  • イギリス編 FSCグローバルレポート
  • 都市ならではの利便性とエコの両立を模索   産地直送で生の情報をお届けしている「FSC グローバルレポート」。今回はイギリスの首都、「ロンドン」からのレポートです。     今回ご登場の山地理恵さんは、イギリスの首都ロンドン在住。日本では消費生活アドバイザーの資格を取り、消費者教育に携わっていただけあって、暮らしのエコについてのセンサーはお高めの様子。はたして、そんな山地さんに、ロンドンのエコライフおよびFSCマークはどのように映ったのでしょう。   ロンドンの公…
  • 続きを読む

2016年5月2日

  • FSCの森・木を活かす人
  • スープストックトーキョーの店づくり
  •   スープづくりも店づくりも「素材」が大切   スープストックトーキョーのスープのおいしさのヒミツは、素材へのこだわりと丁寧な調理。肉や魚、野菜などの本来の旨みと風味を最大限に引き出すために、化学調味料や保存料などを使わずに丁寧に手間隙かけて作られています。     しかし、現代の食の流通は複雑で、様々な食品偽装の問題が横行しています。危機感を抱いたスープストックトーキョーでは、原料がどこからどう届いたのか「トレサビリティ」を強化するようになりました。原材料の産地を全て見直し、当…
  • 続きを読む
FSC応援プロジェクトをフォロー
シェア