みんなが選ぶと森が元気に!知って→選ぼう「FSCマーク」

FSC応援ブログ一覧

2013年12月25日

  • FSCマーク製品ものがたり
  • トンボ鉛筆 「木物語鉛筆」「木物語色鉛筆」
  • 「木の良さ」「森の大切さ」を伝えるために 「木の清々しさ、温かみがダイレクトに感じられる『木物語』は、無垢の木の質感を活かすためにあえて透明のクリア塗装とし、子ども用にはカラフルなクラフト調のデザインが施されています。箱を触れば木と木が当たる澄んだ音がし、肌触りも柔らかです。書き味もなめらかで五感で『鉛筆っていいな』と思っていただけるのではないかと思います」     そう目を輝かせて語るのは、「FSC認証材」使用の「木物語」の開発を担当した高橋さん。しかし、隣…
  • 続きを読む

2013年12月20日

  • 発見!FSCマーク
  • みんなが見つけた『FSCマーク』★ Vol.01
  •   Facebookの「FSC応援PROJECT」のページに寄せられた 皆さんからの「FSCマーク目撃情報」をまとめました。   「FSCマーク」って、ほんの少し意識するだけでも、いろんなところで見つかるんですね。 そして、その会社がちょっぴり好きになったりします。 はてさて、どんなものが見つかったでしょうか?     ●ファッション系はけっこうFSCが好き!?   環境配…
  • 続きを読む

2013年12月17日

  • FSCマークイベント
  • FSCがいっぱい☆「エコプロダクツ展」体験レポート
  •  2013年12月12〜14日に開催された、日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」に行ってきました!   ●めざせ「FSC応援プロジェクト」ブース!   冬晴れの12月12日、国際展示場駅から歩いて10分ほど。 やってきました、東京ビックサイト!あいかわらず、大きいなあ〜。 年々規模が大きくなっている気がするのは、エコへの関心が高まってきているからでしょうか。   どど〜ん…
  • 続きを読む

2013年11月21日

  • 産地便り FSC森林認証の森
  • 思わず深呼吸したくなる!岩手県岩泉町「FSCの森」
  • 「管理されていない森は真っ暗ですからね。比べると全然違うでしょう?」と 誇らしげに語るのは、岩泉町役場農林水産課の今村さん(左)。
  • FSC森林認証の森は「適切に管理された森である」とされていますが、どのように「適切」なのでしょう。今回は岩手県岩泉町の「FSCの森」を覗いてみましょう。   森の入口から続く小路。光があふれ、小鳥の鳴き声も聞こえます。 森に入って、まずびっくり。下草がきちんと刈られ、樹々の隙間から光がキラキラと差し込んできています。雨に濡れた樹々の間を風が渡り、深い緑の香りには思わず深呼吸してしまったほど!   「管理されていない森は真っ暗で…
  • 続きを読む
  • 気づく

    どんな製品があるのかな?
  • 森のめぐみをくらしの中に—FSC マークの付いた製品にはたくさんの種類があります

    「森とつながる」FSCのマーク。よく見てみると、いろんなところに使われているんです。大きいものでは家を建てるための「建材」から…

  • 続きを読む
  • 知る

    どんな意味があるのかな?
  • 製品についてる「FSCマーク」は、適切に管理された森から届いた証明です


    FSCマークは、適切に管理された森を「FM認証」で、適切な管理のもと加工・流通を行う事業者を「COC認証」でつなぎ、そのルートを通って…

  • 続きを読む
  • 選ぶ

    みんなで選ぶとなぜいいの?
  • 乱伐や違法伐採を牽制し、適切に管理された森を応援することができます


    私たちは森から様々なめぐみを受け取り、日々の暮らしの中で使っています。しかし、何気なく選んだ紙や木製品、食品が、乱伐や違法伐採によるものだ…

  • 続きを読む
  • つなぐ

    どんな森を未来につなぐ?
  • 森を適切に活用・管理しながら、次の世代に「森のめぐみ」をつないでいきます

    人が生きていくためには欠かせない森。その森から豊かな恵みを将来にわたって受け取っていくためには、樹々の伐採・活用、そして植林にも「森本来の機能を破壊しない適切さ」…
  • 続きを読む
  • 広げる

    森を守るか活動を広げよう!
  • 応援の輪が広がるほど森が元気にFSCのサポーターになってください!

    森の大切さ、森を守るFSCの仕組みについてご理解いただけましたか。まずはFSCマークに気付き、その意味を知るとが第一歩。次はお買い物で「FSCマークの製品」を選んだり、…
  • 続きを読む
7 / 7« 先頭...34567
FSC応援プロジェクトをフォロー
シェア