みんなが選ぶと森が元気に!知って→選ぼう「FSCマーク」

FSC応援ブログ

2014年1月8日

FSCマーク製品ものがたり

  • 目につかないところも、しっかり環境配慮していきたい
  • ローソン「POS用感熱レジロール紙」
FSCマークがついているのは、商品やパッケージばかりではありません。中には意外なものに採用され、知る人ぞ知る存在というものも…。「マチの健康ステーション」として多くの人に利用されるコンビニエンスストアチェーンの「ローソン」で使用しているPOSレジ用のロール紙はまさに「FSC認証紙」。なぜ、誰も気づかないレシート用の紙にFSC認証紙を採用したのでしょう。その経緯や思いをうかがいました。

お話しを伺った方

株式会社ローソン
BPR推進ステーション 参事
川添 宣昌さん
30年にわたり、店舗のバックヤードから支える仕組みづくりを担い、IT化も含め様々な施策を導入してきた川添さん。プライベートではご自身にアレルギーがあることから、その体質改善のため、できるだけ食べ物に気を配り、エアコン等に頼らないエコライフを実践中とか。

コストが同じなら「即決!」でFSC認証紙を導入

ローソンのお店でもらう「レシート」がFSC認証紙だって、ご存知でしたか?ローソンでは2010年7月よりPOSレジのロール紙として「FSC認証紙」を採用しています。切り替えに1ヶ月ほどかかったものの、いまや全国で皆さんが受け取るレシートはすべて「FSC認証紙」なのです。

 

ローソンといえば、店舗数は11000店を越え、コンビニエンスストアチェーンとしては国内第2位の規模。当然ながらPOSレジは1店舗に複数機備えられ、大量のレシートが必要になります。そんな規模での切り替えは大変な労力が必要だったのではないでしょうか。そんな問いに対し、川添さんは「いや、比較的スムーズでしたね。即決といってもいいくらいでした」とあっさり。

 

「ローソンの店舗はほとんどがフランチャイズ加盟店です。ですから、POSレジのレシートもオーナーさんの負担になるんですね。そうなるとFSCが社会的に望ましいといってもコストが高くなると受け入れてもらえない。しかし、従来品と同価格で納品いただけることになり、それならばと採用したんです」

 


receipt
日常的に手渡されるレシートがFSC認証紙だったとは!

素地があったからこそ、すぐに受け入れられた

それでも切り替えにはなにかと面倒が伴うもの。そんな中で、最終決済、社内や店舗への説明も含め、スムーズに理解が進み、導入が実現したのは、もともとローソンが環境配慮への取り組みを積極的に展開していたからだといいます。

 

「実はローソンはけっこういろんなことをやってきたんですよ。さらに推進力がついたのは、東日本大震災がきっかけでした。『社会との共生』を大きなテーマとして掲げたことを受けて、『地域に暮らす皆さんを元気にすること』とともに『環境に十分に配慮すること』を改めて大きな目標として設定したんです。廃油や期限切れ食品、リチウム電池やトナーなどのリサイクルなど、以前から取り組んでいた施策に加え、新しい取り組みも続々とスタートし、現在も進行中です」

 

lawsonCRS
「マチと共に生きる取り組み報告」で本業を通じた環境保全・社会貢献活動を紹介。

 

そんな中でFSC認証紙を使ったレジ用ロール紙の提案がなされれば、「いいね」と受け入れられるのは自然なことだったそう。

 

「私は当時FSCについて詳しく知らなかったのですが、社内に紹介したら『ああ、FSCね』という人間がけっこういて、その後はトントン拍子でした。」

マチの健康ステーションとして「伝える役割」も担いたい

CSRの活動は、多くの企業では企業イメージの向上を意図して積極的にアピールされることが多いもの。しかし、レジ用ロール紙がFSC認証紙を使っていると知るのは、備品を触る機会のある、限られた店舗スタッフだけだといいます。

 

kawazoe

 

「もしかするとアルバイトさんは知らないかもしれませんね(笑)。もちろん、多くの人に知ってもらって、いい印象をもっていただければ幸いです。本来の目的はPRではなく、あくまで社会貢献の一環だと思っています」

 

それでもお店のスタッフが、年配のお客様に「FSCの紙を使っているんですか?」と声をかけられることがあったそう。

 

「その話を聞いた時はちょっとうれしかったですね。ほめられることが目的ではありませんが、やっていることを評価されると誰でもうれしいものです。今後は、『マチの健康ステーション』をめざすローソンだからこそできることを探して行きたいと考えています」

 

その思いもあって、特に環境配慮を意識した「ナチュラルローソン」を中心に、FSCマークの商品が取り扱えないか、提案中とのこと。便利なだけでなく、日々の暮らしの中にあって、持続可能な社会の実現に欠かせないコンビニエンスストアとして、今後のローソンの新しい取り組みにも注目です。

株式会社 ローソン
〒141-8643
東京都品川区大崎一丁目11番2号
ゲートシティ大崎イーストタワー
http://www.lawson.co.jp/company/activity/
FSC応援プロジェクトをフォロー
シェア