みんなが選ぶと森が元気に!知って→選ぼう「FSCマーク」

応援の輪が広がるほど森が元気にFSCのサポーターになってください!

森の大切さ、森を守るFSCの仕組みについてご理解いただけましたか。まずはFSCマークに気付き、その意味を知ることが第一歩。次はお買い物で「FSCマークの製品」を選んだり、知らない人に教えたり、家庭やオフィス、学校にも応援の輪を広げていきましょう。キャンプやトレッキングなど、森を身近に感じられる活動にも参加するのもいいですね。楽しみながら一緒に森を応援していきましょう。

Facebookで「いいね」する
FSC応援PROJECTのFacebookページでは、FSCマークの製品に関する様々な情報を掲載しています。懸賞やイベントのお知らせなども随時提供していますので、ページやフィードヘの「いいね」を押して応援してくださいね。ぜひ、お友だちにもFSCを知ってもらいましょう。

FSC応援PROJECTのFacebookページ

ステキなプレゼントが当たる懸賞も!
FSCのマークの製品を選ぶ
FSCマークの製品を選ぶことは「森を大切にしたい」と考える企業を応援すること。消費者の「意思」を企業に伝えることで、モノづくりや流通など事業における環境配慮を進める推進力になります。FSCマークの製品を発見したら、ぜひ写真を撮ってFacebookページに投稿してくださいね。

投稿の中からランダムにFSC応援PROJECTのFacebookページにシェアさせていただきます。

ブログでも「製品ものがたり」でFSCマークの製品について紹介しています。
FSCについて知る
FSCについて詳しく知りたい方は、FSCジャパンのサイトを見たり、FSCのイベントなどに参加したりしてみましょう。世界自然保護基金(WWFジャパン)のサイトにもFSCについて詳しく掲載されています。様々な組織や個人がともにFSCを応援しています。

FSCジャパン WWFジャパン

毎年12月に開催される日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ展」にもFSC関連のブースがたくさん参加しています。
森のめぐみを感じる
町の中では森の大切さを実感しにくいもの。時には森に遊びに行ってはいかが?森の木々に触れていると「大切にしたい」という気持ちが湧いてきます。エコツアーに参加したり、植樹イベントに参加したりするのもおすすめ。FSC応援プロジェクトでもFSCの森ツアーを企画したいと思っていますので、どうぞお楽しみに!

FSCにとって「自然と親しむ場」としての森も重要なコンセプト。森と人との交流を支援します。

「産地便り」でご紹介した東京都檜原村「FSCの森」を所有する田中林業では、定期的に森を散策するエコツアーを開催中。詳細はこちら
仕事でもFSC製品を使う
オフィスでもFSCマークがついた紙を選びましょう。また、パンフレットやパッケージにFSC森林認証紙を採用することも企業のCSRの観点から望ましい選択といえるでしょう。ぜひ、職場でも森を大切にする活動を始めてください。

書類用のペーパーは環境に配慮されたものを選ぶのが、いまどきのビジネスマナー。

会社案内や商品カタログ等にFSCの紙を採用して、企業イメージをアップ!
FSCを知らない人に教える
残念ながら認知度が高いとはいえない「FSCマーク」。知らない人がいたら、さりげなく教えてあげましょう。「Facebook」のシェアは紹介するのに便利なツール。また、FSC応援プロジェクトに関するチラシもこちらからダウンロードできますので、ぜひご使用ください。

「このマーク知ってる?」とさりげなくFSCマークを紹介してみましょう。

FSC応援プロジェクト配布用チラシ
(PDFファイルが開きます)
FSC応援プロジェクトをフォロー
シェア