製品についてる「FSCマーク」は、適切に管理された森から届いた証明です

FSCマークは、適切に管理された森を「FM認証」で、適切な管理のもと加工・流通を行う事業者を「COC認証」でつなぎ、そのルートを通って商品化されたことの証明です。そのルートを通らない場合はマークの使用を認めておらず、とても厳しく管理されているんです。つまり、FSCマークの製品を選ぶだけで、しっかりと応援したい「適切に管理された森」とつながることができます。

FSCマークは、FSC(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)が認定する、国際的にも信頼性の高いマークです。

FSC(Forest Stewardship Council:森林管理協議会)は、森林管理および木材製品の製造・流通過程の評価、認定、監督を行う国際機関(NGO)の一つです。
FSCの本部はドイツのボンにあり、FSC FM認証は80カ国1074カ所、FSC COC認証は106カ国21,879件へと普及し(2011年12月現在)、活動の輪はさらに広がっています。日本では2004年1月にFSC日本連絡担当がおかれ、2007年9月より正式にFSCジャパンとなりました。

詳しくはFSCジャパンのページヘ

どうしていいの?