みんなが選ぶと森が元気に!知って→選ぼう「FSCマーク」

ちよこの森だより

2017年6月24日

  • ちよこの森だより
  • 第6回  FSCの森で魔女気分☆薬草セルフケアで夏を快適に!
  • 「へびいちごのチンキ」をつくってみませんか?   豊かな自然に囲まれた森の暮らし、夏になれば生き物の活動も活発になり、人間にとっては厄介なブヨや蚊なども増えてきます。できるだけ刺されないように気をつけながらも、ちくっと刺されてしまったら、自然の力を借りて治すのが「ちよこさん流」。ナチュラルケアの材料になるのは、なんと食べるとシブくて、何の役にも立たなそうな(?)ヘビイチゴ! 見た目もかわいいし、ぜひ、今年の夏は試してみてはいかがでしょうか。他にも、続々と夏の暮らしに役立つ薬草が登場します!   &n…
  • 続きを読む

2017年5月10日

  • ちよこの森だより
  • 第5回  FSCの森で「春のフルコース」はいかが?
  • つくし・ふきのとう・すみれのレシピをご紹介!   森の春の楽しみの1つが「山菜」。豊かな森に恵まれた日本では、わらびやぜんまい、たらの芽など、様々な山菜を日常的に食べてきました。東京都檜原村の「FSCの森」のふもとで生活する、ちよこさんもそんな「おいしい春」を楽しみにしている一人。山菜ご飯や煮物などはもちろんのこと、最近はちょっと洋風でいただくのがブームとか。そのレシピの一部をご紹介いただきました。ぜひ、参考にしてくださいね。     ●ウキウキな春の私のお楽しみ、食べて楽しむ春の幸…
  • 続きを読む

2017年4月23日

  • ちよこの森だより
  • 第4回  FSCの森にも「春を告げる使者」が次々と到来中
  • 森の春を五感で楽しみ、生命力をいただきます!   寒い間はずっと心待ちにしていた春なのに、毎日を忙しく過ごしていると「いつのまにか過ぎ去っていた!」なんてことも多いはず。でも、ちよこさんのスコープにかかると、森の中の小さな空き地や田んぼの脇のあぜ道など、何気ない景色のあちらこちらに「小さな春の使者」がやってきていることに気づかされます。今年こそ、そんな彼らからのメッセージに、ゆっくり耳を傾ける時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。     ●次々と咲き出す、春を告げる花たちに心惹かれ…
  • 続きを読む

2017年3月2日

  • ちよこの森だより
  • 第3回 FSCの森ではほっこり「薪ストーブ」が大活躍!
  • 環境にもやさしいエネルギー“薪”の使い方あれこれ   東京都とはいえ、冬の時期にはぐっと冷え込む檜原村。森に囲まれたちよこさんのお宅で、厳しい寒さを乗り切る大切なアイテムとなっているのが「薪」です。エアコンやファンヒーターなどと比べ、いろいろと手間はかかるようですが、たき火も薪ストーブもなんだかすごく温かそう!どんなふうに使っているのか、使い方のコツや楽しみなどについてご紹介いただきました。     ●“カーボンニュートラル”な薪は環境にやさしいエネルギー   こん…
  • 続きを読む

2017年2月16日

  • ちよこの森だより
  • 第2回 檜原の森にも雪が降りました
  • ちよこ流☆冬のほっこり楽しい時間の過ごし方   まだまだ寒さが厳しい日々が続く檜原村。東京都でありながらも都心より平均気温が3~5度ほど低いため、新宿などで雪がちらつくときには、檜原村ではがっつりしっかり積もります。寒さが苦手というちよこさんですが、檜原村に嫁いで11年が経つうちに、冬の村の自然を愛で、寒さを楽しむ術をいろいろと得てきました。その一部を美しい写真とともに紹介します。     ●村のきびしい寒さにびっくり!ここは東京のシベリア!?   皆さま、こんにち…
  • 続きを読む

2017年1月27日

  • ちよこの森だより
  • 第1回 「ちよこの森だより」はじまりました!
  • 冬の森の恵み「柚子」を丸ごと楽しむ! 柚子茶や柚子塩、柚子酒etc.をつくってみませんか?   爽やかな香りで人気の高い「柚子」。柑橘類の中では比較的気温が低い山間部でも育つことから、東京都檜原村でも多く栽培され名産品となっています。冬の日本を代表する果物ですが、冬至にお風呂に入れるだけ、皮をちょっぴり料理に使うだけ、なんてもったいない!ぜひとも旬の柚子を手に入れて、実も皮も種も余さず使って風味と栄養を丸ごと楽しんではいかがでしょう。毎年、“柚子の手仕事”を楽しんでいるという檜原村在住のちよこさんに、柚子茶や柚子塩など…
  • 続きを読む
FSC応援プロジェクトをフォロー
シェア